JKのたまり場(情強のたまり場)

「情報強者」略して「情強」略して「JK」を目指すためのサイト。プログラミング関連情報多め。

JKでも分かるデータ指向なプログラミング入門 第2回 整数

最終更新日時


第2回はプログラムにおいてデータを表現する方法について解説します。特に整数を表現する方法について解説します。

整数とは012・・・、-1-2-3・・・というような数です。

1 10進数

整数をプログラムにおいて表現するには基本的には10進数を使用します。

第1回でも同様なことを書きましたが、10進数による整数の表現は私たちが普段使っている数値の表現と全く同じです。

つまり、プログラムにおいても整数は012・・・、-1-2-3・・・と表現することができます。

たとえば、8という整数はプログラムにおいても8とそのまま表現することができますし、111という整数も111とそのまま表現することができますし、0という整数も0とそのまま表現することができますし、-6という整数も-6とそのまま表現することができます。

ですから、新しく覚えることは何もありません。

ただいつものように表現すれば良いだけです。

図にすると下のようになります。

- 4 3 2 1 0 5 6 7 8 9
図1. 10進数の表現方法

* ちなみに、このような図をrailroad diagramと言います。

第1回でも同様なことを書きましたが、ただ1点だけ細かい点について書いておくと、たとえば、-1-01-001などは全て同じ整数を表します。しかし、基本的には省略できる冒頭の0や冒頭の-の直後の0は省略すべきです。ですから、たとえば、-1という整数は普通は-1としか表現せず、-01-001などと表現することはありません。

また、-00と同じ整数を表します。しかし、基本的には省略できる冒頭の-は省略すべきです。つまり、0という整数は普通は0としか表現せず、-0と表現することはありません。

それから、プログラムにおいて表現することのできる整数には上限や下限があることがありますので注意してください。上限や下限があるかどうかや上限や下限が具体的にどの整数なのかはプログラミング言語によります。JavaScriptの場合、基本的に-9007199254740992から9007199254740992までの整数しか表現することはできません

ランダム練習問題5

厳密には-9007199254740992から9007199254740992までではない整数を表現することが完全に不可能な訳ではありません。しかし、単純に私たちが普段使っている数値の表現と全く同じ方法で表現することはできません。別の方法で表現する必要があります。

pizyumi

プログラミング歴20年のプログラマ兼投資家兼経営者。

最近は様々な投資の傍らウェブ関係の仕事もしています。

スポンサーリンク

更新履歴

作成

スポンサーリンク

JKでも分かるデータ指向なプログラミング入門

直前の記事
第1回 自然数
現在の記事
第2回 整数
直後の記事

目次

スポンサーリンク

新規記事

アーカイブ

スポンサーリンク